親知らずの治療

tel_sp.png

当院では親知らずの抜歯も行っています。まずは患者さまの口を診させていただき、抜く歯が神経に近いなどリスクのある場合は、より専門性の高い大学病院をご紹介しております。

抜いた方がいい場合

歯ぐきが腫れる、他の歯に負担をかけている

周辺の歯ぐきが腫れていたり、親知らずが周囲の歯に負担をかけていたりする場合は抜いた方が良いでしょう。
特に横向きに生えて奥歯を押している場合は、押された歯が横に傾いて噛み合わせが悪くなったり、前歯の凸凹が大きくなってしまったりすることがよく見られます。
親知らずが完全に隠れていて、炎症も起こっていないような場合は抜かずに様子を見ることもあります。

神経や血管を傷つけないよう注意

親知らずの根元のすぐ近くに神経や血管が通っている場合は、抜くときにこれらを傷つけないよう十分に気を付けています。

当院では、ベテランの歯科医師が丁寧に抜歯の処置を行います。
また、必要があれば大学の口腔外科と連携をとることもございます。悪化する前にまずはご相談下さい。

 

お気軽にお問合せください tel:03-3848-3055